高速応答車用ループ検知コイルループ検知コイル

高速応答車用ループ検知コイルループ検知コイル
高速応答車用ループ検知コイルループ検知コイル

商品の詳細:

  • ブランド:ノーブル
  • シリアルナンバー: LC
  • 原産国:広東省中国
  • 証明書:CE

お支払配送条件:

  • 価格見積り:75ドル
  • 最小注文: 5サークル
  • 平均納期:支払3-5仕事日を受け取った後
  • 支払方法:T / T、ウェスタン・ユニオン、現金で
  • パッケージの詳細:1円/ 305メートル
  • 供給能力:毎月3000,000ピース
お問い合わせ

ループ検出コイル 

ループ検出コイルコイルを作るときは、ループセンサーに接続するのに十分な長さのワイヤを残し、中央にジョイントがないことを確認してください。コイルケーブルを巻いた後、ケーブルを強く撚り合わせたペアにしなければならず、少なくとも1メートルは20回撚られる必要があります。さもなければ、ねじれのない出力リード線は干渉を引き起こしてコイルのインダクタンス値を不安定にするでしょう。出力リード線の長さは通常5メートルを超えてはいけません。検出コイルの感度はリードの長さが増すにつれて低下するので。そのため、リード線の長さはできるだけ短くしてください。ループ検出コイル、コイルリード線、車両検出器の静電容量は、LC発振回路を構成する。グランドセンスコイル検出器は、LC発振回路の発振周波数を検出する。発振周波数が基準周波数に対して変化した場合、地上検出器は車両の通過があると判断し、したがって、発振周波数の変化が地上検出器の検出を成功させるための唯一の鍵となることを保証することが重要である。コイルへの車両の進入 

ループ検出コイル

条件が許さない限り、車両ループ検出コイルは長方形であるべきです。 2つの長辺は車両(金属)の移動方向に対して垂直で、それらの間の間隔は1メートルにすることをお勧めします。長辺の長さは道路の幅によって異なり、通常は道路の幅よりも0.5 m狭くなります。コイルの巻き数は4または6巻きです。 2つのコイルが隣接している場合、ケーブルが埋まっているときに1つは4つのターン、1つは6つのターン、ループセンサーに接続するのに十分な長さを残して、中央にジョイントがないことを確認します。良質のループディテクタコイルケーブルを巻いた後、ケーブルを引き出しスロットから取り出します。出力リード線は、1メートル以上20回ねじった、きついねじれの形をしています。リードの最大長は10メートルを超えてはいけません。リード線の長さが長くなると検出コイルの感度が低下するため、リード線の長さはできるだけ短くする必要があります。コイルが埋め込まれた後、それはセメントまたはアスファルトで密封されます。

ループ検出コイル

 

ループ検出 ロードカッターで路面の溝を切ってコイルを埋める。四隅にコイルケーブルを傷つけないように、四隅に45度の面取りをします。溝入れ幅は通常4〜8mm、深さは30〜50mmである。また、コイルリードのためにコイルの側面にコイルを切ります。しかしながら、水または他の液体が溝に浸透しなければならないことに注意すべきである。接地コイルを巻くときには、接地コイルをまっすぐにしてください。コイルが巻かれた後、ねじれた出力導線は引出しスロットを通して引き出される。

ループ検出コイル

 

 

関連製品:

連絡を取る

質問がある

本社

作業時間 :
08:00-18:00(北京時間)
FAX番号 :
+86(755)27651483
ビジネスフォン :
+8613927455427(労働時間)
電子メール :
trafficloopdetector@gmail.com
工場の住所 :
Mingjinhaiインダストリアルパーク、Tangtou Road、Shiyan Town、Bao \ 'an District

Send Us an Email

contact us