販売のためのホットセール車両ループ検出器付き車両検出器コイル

販売のためのホットセール車両ループ検出器付き車両検出器コイル
販売のためのホットセール車両ループ検出器付き車両検出器コイル

商品の詳細:

  • ブランド:ノーブル
  • シリアルナンバー: LC
  • 原産国:広東省中国
  • 証明書:CE

お支払配送条件:

  • 価格見積り:75米ドル
  • 最小注文: 1セット
  • 平均納期:支払いを受け取った後2〜3営業日
  • 支払方法:T / T、ウエスタンユニオン、現金
  • パッケージの詳細:1サークル/ 305cm
  • 供給能力:3,000,000メートル/月
お問い合わせ

車両検出器コイル 

車両検出器のコイルの材質は非常に厳格です。そのため、車両ループ検出器の動作に影響を与えます。  車両検出器は で構成されています周囲のコイルと誘導デジタル回路基板。防食接地コイル(線材は接地に特殊防食ラインを採用し、耐摩耗性、耐食性の特性を持っています)、路上を通過する車両があれば、コイルは地下10〜15CMに埋設されます。 、コイルは誘導電流を生成して回路基板に送信し、次に回路基板はTTLレベル信号またはドライジャンクション信号をコントローラまたは電気ゲートに生成します。  入場券ボックス前の車両検知コイルは、主に入場制御盤や自動カード発行機とマッチングし、“の機能を実現しています。車のカードを持っている”および“ 1台の車だけ1枚のカード。車両が信号を入力してカード巻き取りボタンを押すと、カード発行カード発行機が自動的にカードを発行し、ゲート手すり下の車両検出器とゲート制御盤が一致し、洪水防止機能を発揮します。車両が通過するときに機能します。車が通過すると、車は自動的に停止します。一般的に、ポリエチレンAWG16〜22マルチコア高温被覆線を使用でき、PVC絶縁線は使用しません。

車両検出コイル

トラフィック検出器のコイルの形状とスロット方法:コイルは一般に長方形であり、鋭いカットループ検出器のコイルケーブルを避けるために、4つの角は45度で面取りされています。コイルの構築手順:舗装ラインは、検出の目的に応じて、コイルのサイズを決定し、鋭い角によるケーブル絶縁の損傷を避けるために、切り口を設定します。深さは通常50〜80mmです。スロットの最上部のケーブルが地面から30mm以上離れていることを確認する必要があり、スロットの幅は通常4〜8mmです。ケーブルの直径よりも大きくする必要があります。フィーダーケーブルトラフを切断し、トラフの鋭角を取り除き、破片を清掃し、トラフの底が平らかどうかを確認します。  誘導コイル全体(長方形の車両ループ検出コイルとフィーダーを含む)のケーブルには継ぎ目がなく、ケーブルは溝の下から上に並べて、デザインの総数が完了;フィーダー(長方形コイルから検出器まで)をねじって検出器まで伸ばし、1メートルあたり少なくとも20回ねじる必要があります。

車両検出コイル

車両検出器のコイルケーブルは、20〜30cmごとに長さ約3cmのプラスチックフォームロッドで固定する必要があります。これにより、コーキング中にケーブルが浮き上がるのを防ぐことができます。コーキング:通過する車両があるときにコイルが振動するのを防ぐために、タンクの隙間を埋めて道路に統合する必要があります。セメント舗装にはセメント、アスファルトまたはエポキシ樹脂を使用でき、アスファルトはアスファルト舗装のコーキング材としてのみ使用できます。

車両検出コイル

 

 

 

関連製品:

連絡を取る

質問がある

本社

作業時間 :
08:00-18:00(北京時間)
FAX番号 :
+86(755)27651483
ビジネスフォン :
+8613927455427(労働時間)
電子メール :
trafficloopdetector@gmail.com
工場の住所 :
明津海工業団地、Tangtou Road、十堰町、宝安区

Send Us an Email

contact us